Coordinate 01 //

トレンド柄をコートに取り入れて
コーディネートの主役に。

Stylist’s Comment

今季トレンドのタータンチェックを取り入れたコート。バギーシルエットのデニムで60年代っぽくカジュアルダウンし、かごバッグを合わせて今っぽさをプラスしています。
合わせるボトムによって、キレイめにもクラシックな雰囲気にも着こなせますよ。

Coordinate 02 //

ダークカラーでまとめて
落ち着いた印象に仕上げた1着。

Stylist’s Comment

落ち着いた印象のネイビーカラーのコートにホワイトのパンツを合わせて明るくさわやかにまとめました。
トラッド感を出しすぎず、適度にマニッシュなスタイルが完成。ダークカラーのアウターは、ボトムやインナーでトーンを外すのがコツです。

Coordinate 03 //

デイリーカジュアルに
気軽に取り入れやすいアウター。

Stylist’s Comment

少し肌寒いシーズンから使えるアウター。ボーダーをはじめ柄のインナーを合わせて爽やかに今っぽく仕上げています。
さらに、ファーのバッグを合わせることであたたかみとトレンド感を加えました。インナーとハットのカラーを合わせることで、全体にまとまりを作っているのもポイントです。

Coordinate 04 //

長い期間着用可能な
ウールコート。

Stylist’s Comment

軽めのウールコートは中にライトジャケットを合わせることもでき、長い期間着用できる優秀な1着。今回のコーディネートは、スカーフをネクタイ風にして首元にアクセントを付けました。
シンプルになりがちな秋冬のスタイルに華やかさをプラスでき、目線を上に持ってくることができますよ。

Coordinate 05 //

着まわし力の高い
優秀なショートダウン。

Stylist’s Comment

合わせるボトムを選ばず着まわせるショートダウン。ガウチョパンツとの組み合わせなら、足元はロングブーツをセレクトするとバランスよく着こなせますよ。
スカーフなどでアクセントをプラスしてもおしゃれです。

Coordinate 06 //

上質素材で仕立てた
きれいめステンカラーコート。

Stylist’s Comment

すっきりとしたデザインが特徴のアンゴラウールのステンカラーコート。タートルネックニットとチェックスカートの組み合わせなら、60年代テイストのクラシックな雰囲気を演出できます。

Stylist’s Profile 安藤 眞理 さん

1968年生まれ、岐阜県出身。メンズ誌からキャリアをスタート。
トラッドベースからエッジのきいた洗練スタイルまで幅広いコーディネートを得意とする。
現在はLEE、GLOWほか、女性ファッション誌を中心に活躍。タレント、業界人はもとより多くの女性から支持されている。
著書に「安藤眞理の小柄な大人のStyle-Book」「安藤眞理の小柄な大人のStyle-Book-PART2」がある。

KEITHショップリスト